カミソリや毛抜きを使った自己処理はやめて、豊田市の脱毛エステやクリニックなどプロに任せて脱毛しようと考えている方は多いようです。エステに行けばプロの手で肌をいたわりながら脱毛ケアしてもらえますが、それに任せっきりではいけません。

脱毛期間中でもセルフの肌ケアが大切

期間中はセルフケアも肝心になるのです。脱毛サロンに行けばプロに処理してもらえますが、安心安全に効果を得るには自分でも必要最低限の知識を得て、肌ケアをしないといけません。具体的に期間中にしておきたいのがUVケアです。

光は黒い色に反応するため日焼け肌に照射するとメラニン色素に反応してやけどをする恐れがあるからです。UVケアと同じくらい重要なのが保湿ケアです。

光のターゲットは毛母細胞ですが、それがあるのは肌の中、つまり照射の際に肌もそれなりの影響を受け、乾燥状態となります。乾燥は肌にとって大敵ですから、潤いのある肌に戻すようにしっかりとした保湿ケアをすることです。知識として知っておきたいこととして、毛周期もあります。

脱毛の効果があるのは成長期の毛のみ

脱毛は2、3か月おきが基本ですが、これは肌へのダメージの考慮だけでなく毛周期も大きく関係しています。毛が生えてから成長して抜け落ちるサイクルが毛周期です。

この中でも光が効果があるのが成長期の毛だけ、その周期がおそれ2から3か月と言われているからです。単にプロに任せるのではなく、ある程度知識を身に着けておいた方が安心安全はもちろん、なぜなんだろうという疑問も解決してすっきり施術を受けられます。

シェーバーで自己処理するより専門の施設で脱毛した方が安心

自己処理の場合によく利用されるのがシェーバーです。短い時間でも広範囲の処理を行うことができますし、痛みも感じない方法ですので、気軽に行える自己処理法として定着しています。費用的な面を見ても、一度機器を購入してしまえばその後は追加の費用もかかりませんのでお得だと感じます。

しかし、シェーバーをずっと使っていると肌トラブルにつながる恐れもありますので注意が必要です。

シェーバーによる埋没毛や黒ずみ等肌トラブルが多い理由

よくあるトラブルは、埋没毛ができてしまったり肌が乾燥してしまったり、皮膚が黒ずんでしまう症状です。なぜそのような症状が引き起こされるのかというと、剃る時に肌表面の角質まで一緒に削り取ってしまうからです。削り取った後は非常に無防備な状態になっていますので、ほんの少しの刺激にも敏感に反応してしまいます。

ですから過剰に防御反応が働いてメラニン色素が増加してしまいますし、乾燥も進みます。埋没毛は乾燥により皮膚が硬くなることで表面に伸びてくることができずに起こります。

肌のことを考えると脱毛施術がおススメ

肌のことを考えれば、脱毛をしてしまった方が安心です。それも自己処理ではなく、エステやクリニックで施術を受けるのが安全な選択です。どちらも肌に優しい施術が行われており、エステの光脱毛は痛みが少ないことで有名です。肌を美しくするような作用もありますので、美肌目的で利用する人もいるようです。

クリニックの場合、肌に問題を抱えていても施術を受けられる可能性が高く、技術料にも信頼がおけます。