美容脱毛したいけれど、それによって何らかの副作用が起こるのではないかと心配して躊躇している方はいらっしゃるかもしれません。確かにツルスベ美肌になれるのはいいけれど、それによって何らかの問題が起こっては大変です。どうなのでしょうか。

→口コミで人気沸騰中!脱毛サロンランキング@豊田市

肌状態によっては発生してしまうこともある

今はやりの光やレーザーを使った脱毛法はこれといった副作用は起こりません。でも照射で赤くなったり湿疹ができたという口コミを聞くのはなぜと疑問に思われる方も多いでしょう。

光で肌内部の毛母細胞を焼いて処理する方法なので、肌が極端に弱かったり、肌状態が悪い時に受けることでこういったトラブルになることがある、つまり健やかな状態で受ければ副作用の心配はないのです。

でも妊娠中や生理中の脱毛はNGとされているから、これも何らかの副作用が懸念されるからではないかと訝しがる方もいらっしゃるかもしれません。これも上記と同様、肌トラブルの可能性が高いからなのです。

体調が良い肌状態の時に施術を受けましょう

妊娠中や生理中はホルモンバランスが普段と異なります。ホルモンバランスが乱れると肌がデリケートになる、つまり肌状態が悪いため、肌トラブルになる可能性が高くNGとされているのです。

このように脱毛によって肌トラブルになったというのは、光が悪いのではなく、肌状態が悪いのに無理して受けたという受けた個人の判断が問題なのです。光を当てるだけだから大丈夫だろうという自分勝手な判断はいけません。ツルスベ美肌を目指すなら、体調が良い肌状態の健やかな時に施術を受けることです。

プロに脱毛してもらうべき箇所とは

脱毛の方法はサロンやクリニックで行うか自分で行うかの2つです。

自己処理を行う人のために専用のワックスやシェーバーも売られているため、わざわざお金を払ってまでしてもらう必要はないと考えている人も多いかと思います。しかし、自分ではなかなか処理が難しい箇所もあります。

手軽で安い自己処理はトラブルが発生する可能性も

脱毛はミュゼプラチナムやキレイモなどのサロン、エステティックTBCやリゼクリニックなどのクリニックで行うことができます。各サロン、クリニックで脱毛が可能な場所は少し異なりますが、基本的にはワキ、背中、腕、脚、デリケートゾーンなどが可能な箇所です。なお、粘膜部分やあざがある場所は肌への負担がかかるため脱毛することができません。

自己処理はプロに任せるよりも手軽で安く済みます。しかし、間違ったやり方を続けているうちに肌の黒ずみや炎症、毛の埋没といったトラブルが発生する可能性があります。

ワキやデリケートゾーンは特にプロに任せた方が良い

特にワキは自己処理をする人が多いですが、こまめに処理していたら肌の黒ずみや毛の埋没を引き起こしてしまったという声も聞かれます。プロに任せた場合お金はかかりますが、数カ月に1回のペースで行うため肌への負担も軽減でき、肌の黒ずみや毛の埋没といったトラブルを避けることができます。

また、特に危険なのがデリケートゾーンです。肌トラブルを引き起こしやすい箇所なため、安易に自己処理をすべきではありません。それに自分ではなかなか見えづらく、満足のいく仕上がりにならない可能性もあります。そのため、プロにお願いしてきれいにしてもらう方がよっぽど効率が良いと考えられます。